手付金は不動産の残金支払いの時に売買代金の一部として充当するのが一般的です。

手付金とは?

 

手付金のイメージ

 

不動産を購入するときに発生する「手付金」とはどんなものかご存知ですか?

ここでは手付金のご説明をいたします。

 

 

手付金とは

「手付金」と「売買金額」とは性質が全く違うものというのはご存知ですか?
ほとんどの人が勘違いをしているのではないのでしょうか?

 

手付金とは、不動産の契約締結時に売主に一旦預けて、不動産の売買代金の全額を支払う際に売主から返還してもらうものです。要するに、「不動産のお金をきちんと払います」という約束のお金を渡しておき、きちんと支払った後にお金を返す、という性質のお金なのです。

 

しかし、その手続きをするのは面倒なので、不動産を売買契約する際の契約書には、「手付金は残代金支払いのときに売買代金の一部として充当する」と書かれるのが一般的となっています。

 

 

手付金の金額はどのくらいの金額なのか

不動産の購入する際の手付金は「解約手付となっており、「お互いに契約を解除することになってしまった場合、買主は手付金を放棄して、売主は買主に手付金を返還して契約解除をすることができる」という性質になっています。

 

手付金の金額や少額であると、売主・買主双方とも簡単に契約を解除してしまいます。
そうなってしまえば、手付金のやり取りをする意味があまりありません。

 

また、手付金が高額になってしまうと、売主・買主双方とも契約の解除が難しくなってしまい、後々問題になってしまう事もあります。
そのため、不動産の手付金は一般的には売買代金の5~10%程度となっています。

 

もし不動産を購入する時に、手付金があまりにも少なかったり多かったりする際には、仲介業者となっている不動産会社にその旨を質問してみるとよいでしょう。

 

もしも売主が不動産会社などの宅地建物取引業者である場合には手付金が売買金額の20%を越えてはいけない決まりになっています