買主は瑕疵を発見してから1年以内に報告し、売主は必ず瑕疵担保責任を負わなければなりません。

瑕疵担保責任とは?

 

瑕疵(かし)とはどういう意味かご存知ですか?
不動産売買において瑕疵担保責任という契約がなされます。
瑕疵担保責任とはどういうものなのでしょうか?

 

 

瑕疵担保責任とは

瑕疵」とは、通常あるべき「品質」や「性質」がきちんとしてないことをいいます。
不動産の瑕疵とは通常の生活に支障があるような欠陥があることをいいます。

 

瑕疵担保責任とは、売買の目的とされている不動産に隠れた瑕疵があった場合に、売主がその瑕疵を直す費用を負担する責任のことです。

 

隠れた瑕疵とは、不動産を購入した時点では明らかにならなかった瑕疵のことで、通常の注意を払っていても発見できなかった瑕疵のことを言います。

 

例えば雨漏りや水道管などに問題があったなど、通常ではわかりづらい欠陥を指します。もしも不動産を購入後にこのような隠れた瑕疵を発見した場合、売主に報告をし、瑕疵の部分を売主の責任により修復してもらうのが一般的です。

 

瑕疵担保責任は法律で定められているものであり、「民法」・「宅建業法」・「品格法」・「消費者契約法」にて規定されています。
売主は必ず瑕疵担保責任を負わなければならず、買主は瑕疵を発見してから1年以内に売主に瑕疵を報告しなければなりません。

 

また、不動産を購入してから10年経つと瑕疵担保責任は時効となり消滅します。

 

しかし中古物件の場合、一般的に瑕疵担保責任は3ヶ月ほどに決めて契約をする場合や、築年数がある程度経っている古い物件の場合、「瑕疵担保責任免責」といった、瑕疵担保責任を無しとする場合もあります。

 

売主が不動産会社である場合には、販売物件が中古であっても、不動産会社は最低2年間は瑕疵担保責任を負わなければいけない事になっており、「宅建業法」により定められています