複数の不動産会社に依頼して多くの情報を集めると、価格決定時の選択を広める事が出来ます。

価格査定について

 

不動産を売却する際には、まず不動産会社に査定をして価格を出してもらう必要があります。
その際、いくつかの不動産会社に依頼するほうがよいとされています。
それはなぜなのでしょうか?

 

 

不動産の価格査定とは

不動産を売買目的で価格を評価する事を「不動産の価格査定」といいます。価格査定で出された金額がそのまま売却価格になるわけではありませんが、売却価格の設定において基準となる金額を出す事が出来ます

 

価格査定には、「簡易査定」や「机上査定」と言われる周辺の不動産の取引事情や価格情報などのデータを使った相場を把握する為に使われる査定と、「詳細査定」や「訪問査定」と言われる物件の状態を細かく確認して出され、不動産の売り出し価格に利用する為に出される査定があります。

 

 

いくつかの不動産会社に依頼するわけ

複数の不動産会社に売却したい不動産の査定を頼む事によって、不動産の相場を知る事が出来ます。

 

売却値段を決定するのは売主ですから、価格を決める上で情報が多いほうが価格決定時の選択を広める事ができます。
いくつかの不動産会社と直接接する事で、「自分にとって良い不動産会社」を選ぶ事もできます。

 

不動産会社が信頼でき、誠実に売却活動を行ってもらえなければ、不動産を売却する事はできません。

 

不動産会社と話すときには、提示してきた「価格」だけではなく、どれほど熱心に相談に応じてくれたか、いかに親身になってくれたか、が良い不動産会社を選ぶコツです。

 

自分がきちんと納得できた不動産会社に不動産の売却を依頼したほうが、最終的に自分が納得できる不動産売買を行う事が出来ます。不動産の価格査定はどの不動産会社でも「無料」で行ってくれるので、気兼ねせずに複数の不動産会社に価格査定を申し込んでみましょう。