売却決定からの経過日数や、売却希望日などを考えて価格交渉を考える必要があります。

不動産売却の価格交渉

 

価格交渉の最中

 

不動産の売買において価格交渉はほとんどの場合において起こりえると言えます。

不動産を売却する際、買主から価格交渉があった場合、どのようにすればいいのでしょうか?

 

 

不動産の購入希望者から価格交渉された場合

不動産の購入希望者から価格交渉された場合、まず念頭に置いておいて欲しいのは「不動産を購入したいから価格交渉してきた」と言うことです。

 

逆に言えば、不動産を購入する気が無いのに価格交渉してくる人は居ません
また、不動産を購入する人が居なければ不動産を売却する事もできません。

 

しかし、だからと言って価格交渉の全てを承諾する必要もありません
すべての交渉を受け入れてしまえば、かえって損をすることも考えられるからです。

 

不動産の購入希望者から価格交渉をされた場合、まずは折り合いの付く金額を考えてみましょう
自分で考えてよくわからなければ、仲介業者の不動産会社に相談して見るのもよいでしょう。
不動産会社は不動産の売買のプロですから、相談すれば的確なアドバイスをもらえるはずです。

 

そこで納得できるような返答がもらえなければ、もう一度仲介してもらう不動産業者を考え直してみるのも一つの手段です。

 

不動産を売買する場合、信頼できる不動産会社の担当者であるのかどうかというのは、とても重要なことであると言えます。

 

そのうえで、不動産の売主と購入したい買主との間で折り合いの付く価格を探し、お互いに納得のできる着地点を見つけるようにしていくべきでしょう。

 

しかし、交渉が長引いたりして不動産がいつまでも売却できない状態になってしまうと物件の価値が下がってしまい、物件の価格が下落する恐れがあります。

 

売却すると決めてからどのくらいの日数が経っているか、いつまでに不動産を売却したいか、などもよく考えて価格交渉を考える必要があります。