仲介した不動産会社が売買契約書を作成すると同時に、重要事項説明書も作成します。

売買契約とは?

 

不動産を売却する際に、買主と売主の間で行う契約を「売買契約といいます。
売買契約は一旦契約を締結してしまうとその後契約解除や契約変更が難しくなってしまいますので、十分に注意することが必要です。
そもそも売買契約とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

売買契約とは

不動産の売買契約とは、不動産を売却する売主から不動産を購入する買主にその権利を移転する為の約束事であり、買主が売主に対して不動産の代金を支払う事を約束する事で効力を生じる契約の事です。

 

不動産の売買契約を行う場合、仲介をした不動産会社が売買契約書を作成します。
それと同時に「重要事項説明書」も作成します。

 

売買契約書には、基本的に「売買される物件・売買金額や支払日・手付金などの額」・「所有権の移転と引渡しの日付」・「土地の面積などの実測」・「土地の代金の精算」・売主の責任によって排除された「負担の削除」・税金等の「公租公課の精算」・何らかの原因により契約を解除せざるを得なくなった場合の「手付解除」・売買契約後に天災などにより不動産に破損が起こった場合のための「引渡し前の物件の滅失・毀損」・契約違反により契約を解除する場合の為の「契約違反による解除」・「反社会的勢力の排除」・買主に落ち度が無いのにも関わらずが住宅ローンでの借り入れができなかった場合の「ローン特約」・売買物件に隠れた欠陥が発覚した場合に売主に修復や損害を賠償させる為の「瑕疵担保責任」が記載されています。

 

これらの契約内容について十分納得できた上で売買契約を締結する必要があります

 

売買契約には不動産会社の仲介担当者も同席するので、不明な点については不動産会社に説明してもらうと良いでしょう
不動産会社の作成した「重要事項説明書」や「売買契約書」に問題が無ければ、買主から手付金を受け取り、売買契約は終了します。