不動産売却をする為には相場を把握する事が大切です。相場の調べ方や参考指標を紹介しています。

相場の調べ方

 

虫眼鏡

不動産売却をする場合は、相場を調べる必要があります。

 

TOPページにもありますが、不動産相場は曖昧な部分もあり、地域によって、相場のあり方も変わってきます(住宅自体が少ない地域程相場は存在しない)。

 

しかし、高く売るには最低限の相場はリサーチして把握しておく事が必要です。

 

 

不動産相場の調べ方

不動産相場を調べるにはいくつかの方法があります。

 

代表事例を紹介すると、

  • 地価公示価格(国土交通省が評価した土地の価格)
  •  

  • 地価調査価格(各都道府県が評価した土地の価格)
  •  

  • 土地総合情報システム(国土交通省が統計している、購入者かあらのアンケートによる取引価格)
  •  

  • 不動産価格指数(住宅)(国土交通省が統計したアンケートを元に指標化した数字)
  •  

  • レインズ・マーケット・インフォーメーション(指定流通機構が宅地建物取引業法に基づいて収集した実際の取引価格情報)
  •  

  • インターネット広告等(実際に売りに出ている物件情報など)

などがあります。

 

 

 

オススメはレインズマーケットインフォメーション

レインズマーケットインフォメーション

 

数ある不動産相場の調べ方の中でもオススメしたいのが、実際の成約価格のデータを検索できるレインズマーケットインフォメーションです(http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do)。

 

多い事例では、インターネット広告や物件検索サイトなどで、他に売りに出している物件情報を参考にする人も多いですが、売り出し価格は相場よりも高く設定している人も多く、あまり参考になりません

 

最終的な取引価格を参考にするのが一番相場を把握しやすく不動産の素人でも理解しやすい数字となっています。

 

 

また、この先の相場動向を分析・予測をしたい場合は、過去の情報と比較しながら分析する必要があります
こうした場合は、地価公示価格や地価調査価格の動向などを確認する事が必要です。

 

 

また、今現在の相場情報や、過去の相場動向をまとめて確認したい場合は、不動産価格指数を公表している国土交通省のホームページなどを利用する事がオススメです。
できれば、その他のさまざまな指標や相場情報を駆使して、徹底的に相場情報を調べるようにすると良いでしょう。