不動産は1月~3月が狙い目の時期ですが、賃貸市場ほどの特需は見込めず、微々たる影響しかありません。

狙い目は1月~3月?

質問する女性

 

「不動産を高値で売りやすい時期はあるのか?」という質問が多く寄せられています。

 

結論から言うと、1月~3月あたりが、他の月と比べて若干ではありますが、高値が付きやすい時期と言われています。

 

 

3月、4月は不動産の特需月

年度が変わる3月、4月前後は不動産市場はよく動くと言われています。
その要因は、辞令などに伴う転勤や異動、出世などがある時期ですので、新年度のタイミングで家を買おうという人が多いからです。

 

不動産価格は需要によって変わりますので、特需月前というのは狙い目となっています。

 

また、不動産を購入する人の場合はローン審査や購入を決意するきっかけとして年収が重要になってきます。

 

年収は1月~12月の年収で決まりますので、年が明けて前年の正式な年収が出てから、住宅ローンの審査を受ける人や、購入を前向きに検討する人が多くなります。

 

 

賃貸ほどの特需はない

賃貸の場合は、3月、4月は大きな特需月と言われています。

 

年度末に突然辞令を出されるケースや、転勤などの場合は不動産を購入する事はできず、賃貸物件を新しく探す人が非常に多くなります。

 

不動産売買においては、こうした賃貸事情と比較すると特需と呼べる程の価格高騰は見込めません
中には不動産売買に関しては、時期は全く関係ないと言っている不動産業者の人も多数います。

 

ただ、3月、4月に賃貸契約が多いという傾向はあるので、賃貸物件の更新月で不動産の購入を検討する人も多くいます。

 

中古物件の場合は2~3ヶ月前に購入を決める人が多いので、11月~1月あたりが、こういった賃貸から持ち家に切り替える人をターゲットにした狙い目の時期となります。

 

 

 

不動産売却には月単位の値段の変動よりもタイミングが重要

全般的に見れば、1月~3月あたりが不動産を高値で売りやすい時期といわれています。

 

しかしそれは微々たる影響ですので、高く売りたいからといって、1月~3月になるのを待ってから売りに出すのはオススメできません。同様に売りに出している物件が特需月以外で、購入希望者が現れて、値引き交渉をしてきた場合など、特需月まで待てばもっと高く売れるかもしれないと、思ってしまうのはリスクが大きいです。

 

月単位の価格変動よりも、タイミングの方が重要ですので、特に時期を気にせずに売りに出して、特需月を期待した対応はせずに、購入希望者が現れるタイミングを重視して売却する事が大切です。