不動産を高値で売る為には、優秀で交渉力のある営業マンがいる不動産会社を選ぶ事が大切です。

不動産会社選びの重要性

営業力

 

不動産をより高値で売る為には、タイミングや物件の内容も大事ですが、それと同じくらい不動産会社選びが重要になってきます。

 

更に掘り下げていくと、担当してくれる不動産会社の担当者の営業力が重要になります。

 

不動産業者探しをする時は、査定価格などで選ぶ人がいますが、実は査定価格はそれほど重要ではなく、媒介を受けた不動産の販売力の方が重要になってきます。

 

 

 

販売担当者の営業力で、成約率は変わる

不動産は買い手側としても、人生で最大の買い物になります。
当然購入には慎重になりますし、担当者がしっかりしていないと高値で売る為には大きなマイナス材料となってしまいます。

 

仮に、あなたが不動産を購入しようとする時、担当者が頼りなかった場合、考え直しますよね?もっと身近な事で例えると、洋服や雑貨、家電などを買おうとする時に販売スタッフの説明によって、購買意欲は大きく変わってくると思います。

 

誰にでも、販売スタッフに乗せられてしまって衝動買いをしてしまったという経験はあると思います。

 

不動産の場合は、いくら担当者の営業トークが上手だったとしても、物件と値段の条件が悪ければ、簡単には売れません

 

しかし、営業力がある担当者であれば、売れる可能性は大きくなります

 

 

販売担当者の営業力で、取引価格も変わる

販売担当者の物件の説明のやり方や、お客とのやり取り次第で、取引価格も変わってきます。

 

例えば、物件のポジティブポイントを説明する時に、物件や立地の良い所を説明して、「売り出し価格でも安いくらいだ。」と言い切って説明ができ、お客側から、値段の事で他の物件と比較された際に、納得のいく説明ができる営業マンであれば、より高値で交渉をまとめてもらう事ができます。

 

それに対して、売れない営業マンの場合は、最初から最終的には値段交渉を最終手段として考えてしまっています。
お客が興味を持たなかったらすぐに諦めたり、「いくらだったら買うのか?」などといった話をすぐにしてしまうと、決まりそうな話も、全て条件が悪い内容となってしまいます。

 

このように、実際にお客と商談をする営業スタッフの力量で、不動産売却の優劣は大きく変わってきます事前準備の段階では、いくつかの不動産会社を周り、より信頼できそうなスタッフのいる不動産業者に媒介を依頼するようにしましょう。