不動産売却の為の準備期間は、売りにだすまでの期間だけで最低1ヶ月前後は確保しましょう。

不動産売却の為の準備期間

 

不動産売却は、タイミングと需要を見計らう事が大切ですが、いざ売ろうと思った時にすぐに売れる訳ではありません
準備期間をしっかり把握して、計画的に売却をするようにしましょう。

 

 

事前調査

不動産をより高値で売る為には事前調査が重要です。

 

事前調査とは、主に不動産価格の相場や、そのエリアの需要を調べる事から始めて、査定サイト等を利用して、

  • 実際に業者に査定価格を出してもらう
  • 媒介契約を行う不動産会社を選ぶ
  • 売却予定の不動産に現在居住している場合は受け渡し時期や、売却までの日程計画の概算を立てる

といった事が必要になります。

 

こうした事前調査は時間をかけて行う事が大切です。

 

不動産査定をしたり、媒介契約をする不動産会社を選ぶには、ネット等で絞込みをした後からも、実際に複数の会社の話を聞いて比較検討するようにしましょう。

 

期間としては最低でも1ヶ月程はこうした事前調査の為に費やすようにすると良いでしょう。

 

 

 

掃除

掃除

 

不動産を買う人のほとんどが、内覧をして実際の現状を確認します。
高値で売るには買い手側に不快な印象を持たれないようにする事が重要。

 

そこで必要になってくるのが掃除です。

 

実際に売りに出せば、いつ内覧希望者が現れるか分かりません。
しっかり掃除や家の匂い対策をしておかないと、売れる見込みは少なくなります。

 

 

プロの業者にハウスクリーニングを依頼すれば1日で掃除を完了する事ができますが、こうした経費を節約して自分で行いたい場合は妥協はせずに、作業日で2日~3日は費やして徹底的に行うようにしましょう

 

庭がある場合は草むしりを行い、フローリングの部屋はWAXがけを行う、家全体の匂い対策をするなど、購入希望者に少しでも良い印象を与えられる状態にしておきましょう

 

 

 

物件公開、売り出し開始

実際に売りに出せば、あとは不動産会社が全て行ってくれます。
買い手が決まるまでの期間はタイミングで大きく変わり、1ヶ月で決まる事もあれば1年以上売れない場合もあります。

 

事前準備をしっかり行っておく事で、買い手が決まるまでの期間を短縮させる事が可能となります。

 

勢いですぐに売りに出してしまう人よりも1~2ヶ月じっくり準備をした方が結果的に早く高値で売却できる可能性が高くなります

 

買い手が決まると2ヶ月弱くらいの期間で、契約・買い手のローン審査・支払い・不動産登記・受け渡しといった流れになります。

 

不動産を売却するなら1月~3月が狙い目!?