媒介契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介がありますが、自分に合った媒介契約を選びましょう。

不動産を売る時の流れ

 

売る不動産を査定する男性

 

 

1.不動産会社による価格査定

不動産を売却する際、一番初めに行うのは不動産会社に査定をしてもらう事です。

 

できれば不動産会社に査定を頼む前に不動産のサイトなどで売却する不動産の周辺の売却物件の価格を調べておき、だいたいの相場価格と言うものをつかんでおいたほうがよいでしょう。

 

また、査定を頼む不動産会社は複数の方がよいでしょう。
そのほうが売却したい不動産の相場もわかりますし、不動産会社の良し悪しを見ることもできます。

 

 

2.不動産会社と媒介契約を締結

不動産を査定して貰った複数の不動産会社の中から、売却価格や対応の良いところを決め、その不動産会社に買主を探してもらう為に不動産会社と「媒介契約」を行います。
要するに「買主と売主の仲介をしてもらうため」の契約をするのです。

 

媒介契約には複数の不動産会社と契約できますが、

  • 不動産会社から売主への業務報告の義務がない「一般媒介
  • 不動産会社1件との契約になりますが、もし自分で買主を見つけた場合に直接契約のできる「専任媒介
  • 不動産会社1社との契約になり、自分で直接契約はできませんが、不動産会社が一週間に一回以上売主に報告義務のある「専属専任媒介

があります。

 

自分にあった媒介契約を選びましょう。

 

 

3.売却活動と営業活動報告

媒介契約の後、媒介契約の内容に沿った形の売却活動や営業報告を不動産会社が行います。
購入希望者が現れた場合、物件の内覧や価格などの条件交渉を行う場合があります。

 

 

4.売買契約の締結

買主が見つかり、お互いの条件に合意した後、買主と売主で売買契約を締結します。
契約書を交わし、手付金を受領します。
また、売買契約が締結された時点で、不動産の引渡し日も決定します。
不動産会社への仲介手数料も発生します。
引渡し時にまでに不動産の権利や義務を買主に渡す書類等の作成が必要になります。